フットマークデイズのダンとカズマでBL妄想をするブログ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
続くか続かないか
2010-02-28 Sun 12:33
保護監察官とセックスしてしまいました。
監察官はダンといって、真面目なのか不真面目なのか分からない奴だけど、中々に色男。


『セックスの後、服を着る時、その人と今後続くか続かないか分かる。』
何かの本で読んだ事がある。そんな経験ないけど。

「もう服着ちゃうんだ…、寂しい。」
ダンはそう言った。
俺は振り返って、なんとなく彼にキスをした。

着た服はまた床に放られて…俺達は愛しあった。


愛してる?どうなんだろう。


2度目が終わると、今度は先にダンが服を着た。シャツのボタンをとめる間に、何度もキスしつつ。
ダンの唇の柔らかさときたら、反則級。巧妙なトラップみたいだ。


それから俺達は、お互い服を着た後も、なかなか部屋を出ることができずにいる。
しばらくしてから、ダンがぽつりと言った。

「なぁ、言ってい?」

顔を上げると、潤んだ2つの目が俺を見つめていた。
口許に微かな笑みをたくわえて。
つやつやした真っ黒の睫毛が、天然でカールしている。なんだかそこだけ女の子みたいでかわいらしい。
俺は問いに頷いた。

ダンの言葉は、波がそっと砂浜を撫でるようだった。
「俺達付き合おっか、いい?」

強引な事を言っているのに、過不足のない言い方をされたからか、不思議な位驚かなかった。

彼の茶色い瞳は、どこまでも澄んで、たっぷり潤っている。
改めて目がきれいな人だと思った。

黙っていると、たくましい腕が俺を優しく抱き寄せた。
おとなしくその腕におさまると、とにかく気持ちいいくらいに温かくて、大げさだが、幸せに暮らしてゆけそうだと思った。


「なぁ、今日、泊まってってい?」
「いいよ」
「もう一回できる?」
「いいよ」

ダンはくすくす笑いながら、もう一度俺を組み敷いた。

スポンサーサイト
別窓 | ダンカズマ妄想文
| 臍の緒 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。