フットマークデイズのダンとカズマでBL妄想をするブログ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
サファイア(2/3)
2010-01-31 Sun 10:28
カズマは寒くて目が覚めた。

あのあともう一回…と思って手を伸ばした気がするが、どうだったろう。
うたた寝してしまっていたらしい。

辺りを見回したが、部屋はがらんとしていて、彼が帰ってきていないことは明らかだった。


…寂しい。

もう寝ようかなと思ったけれど、そのまますんなり寝てしまう気になんてなれなかった。


カズマは自分の単純な性欲にうんざりしつつ、部屋の明かりを消して寝室へ向かった。

服を全部脱いで、荒っぽい動作でベッド下の収納を引っ張り出した。がらがらと中をまさぐる。

暗闇なので触覚のみを頼りに、とにかく一番質量の大きいものと、潤滑油をつまみだした。


ずいぶんか前に、面白がって買った玩具だが、使ったのは一度だけだった。



「…画面で見るよりグロいな。」
「そうだな、もっと色なかったのかよ…」

色も形も、人のものを忠実に象ったディルドだった。


ディルドは動かない。
自発する俺、興奮するダン。

「ぁ ……んぁ、 あぁ…っ!」
「ダ ン、っ… ん、ぁ」
食いしばる白い歯と、開いた唇から覗く赤い舌と粘膜。そんなのは総て、ダンに向けた見せ物。
カズマは快楽を追ってひたすら乱れた。




当時鑑賞したダンの複雑な顔と、一糸纏わぬ下肢の昂りをカズマははっきり思い出していた。

淡々とディルドの先をくわえて指に潤滑油を垂らす。後ろにつぷと指を挿し、内壁に塗り広げた。
ディルドを壁に張り付ける。背後から貫かれるのは意外とすきだ。それに、寂しさを紛らわすにはぴったりだろう。


ダンとセックスしたい。
カズマはそれだけの気持ちで、代替物に悦んだ。
大きなもので満たされて、大好きな所を刺激されて。
ひとりで授受する歓楽と虚しさがせめぎ合い混ざり合う。
ダンのが入っていると思い込めば胸が締め付けられるような感覚がして興奮する。
虚しかろうが滑稽だろうが何でもよかった。




玄関のドアが開けられたのは、そんなカズマに3度目の射精が訪れる前。

「ただいま…」
声のあと、廊下に灯る明かり。ペタペタ歩く音。
ダンだ。

快楽だけでなく、胸が弾むのが分かったが、こんな自分を見られるのはどうだろう。
カズマは困惑したが、すぐに諦めた。
驚いてぐらついた拍子に、ディルドが性感帯を強く刺激し、大きな声が漏れてしまったのだ。

それに、この部屋の扉は開け放たれているし、玄関から一番近い。今更慌てたって無駄だ。


まもなくダンが顔を見せた。

「ただいま。
…なにしてんの、おまえ」
「あ・・・おかえり」


壁に尻をつながれて、膨らんだペニスを隠すことも出来ない。

顔に疲れを色濃く宿したダンが見たのは、そんなシーンだった。




(3/3へ続く)
スポンサーサイト
別窓 | ダンカズマ妄想文
サファイア(1/3)
2010-01-30 Sat 00:38
腕輪は23時40分と表示していた。

2時間ほど前に帰ったカズマは、冷凍食品を温める間にシャワーを浴びた。
ビーフシチューと温野菜が出来上がる。それに軽く焼いたパンが夕食だった。
つかれていたので、一緒に飲んだビールがとても美味かった。




食事の後、テレビを眺めて、何時まで頑張ろうかなと考えていた所である。

同棲してる恋人は今週帰りが遅い。

仕事が忙しいようだ。
デスクを見る。真ん中以外が散らかっていた。
昨日と違う所があるかは不明である。

じつは4日前から彼に会っていないのだ。


忙しいのはお互い様で、彼は夜が遅いが、自分は朝が早い。相手が昨日おととい帰ってきているかどうかも知らなかった。


「はーぁ、」
一つため息をついて、頭に手をやる。
髪が結構伸びていた。
「切らなきゃ…」
誰に言うでもなく呟いて、ソファに身を投げ出す。カズマは身なりに気を使うほうだった。



明日は休みだから、できるだけ帰りを待っていたい。
…会いたい、触りたい。

「こんな時位…、通信寄越してくれたっていいじゃないか」

自分の事は棚に上げてそんなことを思う。
カズマの気持ちは、すきな男の方を向いていた。
彼の事を考えると、さっきまで見ていたテレビがどうして遠くさえ感じる。

会いたくて仕方なかった。


会えないもどかしさに耐えられなくて住まいを一緒にした。一緒にしてから今日までこの不満を感じる事がなかったのだと、そういえば思い当たる。
懐かしい感情だ。


彼が帰ってきたら教えてやろう。
自分が感じた久しぶりのジレンマを。



「ダン」
愛する人の名前を一つ口にして、カズマは目を閉じた。

拍子に、体が疼いた。

解放する術は、これしかなかった。



(2/3へ続く)
これから何日か、連続で更新できればと思います~
別窓 | ダンカズマ妄想文
…何が書きたかったんだろう?
2010-01-05 Tue 13:01
作成フォルダ整理してたらでてきた。
何が書きたかったんだろう?
タイトルはまんま、「エイミー」ってついてた。


過去の女性(エイミー)を共有するダンカズを書きたかったのかな?
ダンがエイミーの今カレという設定だったはず。

うすらぼけた記憶では、エイミーに最低呼ばわりされるダンとか、カズマの彼女がウンコすぎて「あれ、勿体ねぇな…」って嫉妬と不憫に思う気持ちで悶々するダンとか書きたかったっぽい。
ダンに会えるから彼女とエイミーに行くのが面倒くさくなくなるカズマとか…そういうの。
気が向いたら完成させます。


**********
前回会ったのが20日。
23日まで次の約束について、何の話もしなかったら突然怒り出した。
女の子はイベントが好きだ。

俺はクリスマスでごった返す街より、静かな平日の街で会う方がいいのにと思うが、黙っておいた。
ややこしいのは勘弁だから。


街のイルミネーションを見て、買い物をして。
二人でディナーをした後に必ず飲みに行く店があった。
エイミーだ。

エイミーは彼女の友達が経営しているショットバー兼、俺の前の彼女の名前。
今の彼女…モニカはエイミーを友達と言うが…エイミーは、彼女を嫌っているんじゃないかと、思う。


エイミーに行くと、2つしかないテーブルはいっぱいで、カウンターに通された。
カウンターには男が一人いるだけ。

カウンターはL字になっている。縦列に3人、横列に2人座れるので、とりあえずモニカを壁側にして座った。
男とは角の席をひとつあけて座っている。
…無精ヒゲ、がっちりした体、はっきりして少し甘い顔、グラスを持つ手が大きい。

**********

まだ何か分かんないですよね(笑)
微妙。
別窓 | 雑談
ノイ
2010-01-03 Sun 13:54
カズマは気が付いたらダンの家に住んでいた。

寝食とか交際とか…そんなのはしっかりしようと思っていたのに。


それに気づいたのは、ダンの家に行って「おかえり」「ただいま」のやりとりをしたからだ。

カズマはこの頃、自宅よりダンの家で過ごす事が多くなっていて、局←→ダンの家という生活が普通になっていた。
だから感覚が麻痺して、お互い何気なくやってしまったのだ。


直後、カズマは同居してるみたいなやり取りに後からなんとなく照れたが、ダンは気にしている風もなかった。
夕飯を作って、いそいそとグラスなんか出している。

「あとちょっとかかるからさ、シャワー浴びてきたら?」
「わかった、ありがと」


シャワーを借りたら、そのあとの着替えがある。もちろん自分の。
その前にさっきの会話も…自然過ぎて気にもしてなかったけど、良く考えればおかしい。

濡れた体を拭いながら、カズマは振り返った。

この家には、下着や着替えだけでなく、自分のスリッパにシェービングセット、それからスペア眼鏡やコンピュータまである。

カズマは怖くなった。
ダンの生活に入り込んでいる自分が。

「今ならまだ…」間に合うかもしれない。
漠然とそう感じたカズマは、急いで脱衣室から出た。
コンピュータやら着替えやらの荷物を一纏めにして、携帯しているセカンドバッグに放り込み、チャックをしめる。

気が付いたら居候しているのと遜色ない。
片付けると恥ずかしい気持ちが余計高まったが、片付けてしまうと、カズマはだんだん落ち着いた。
整理するのは得意なほう。

反対に落ち着かなくなったのはダンである。


「なに…してんの?」
カズマが粗方荷物をまとめあげる頃、事態に気づいたダンがやってきて取り乱した。
ほとんど青くなった顔はさめざめとしている。

「や、自分家でもないのにいつの間にか色々持ち込んで…悪かったなと思って。持って帰るから」

「待って!」

痛い。
床の鞄を玄関に移動させようとした所、両腕をぎゅっと掴み上げられてカズマは顔をしかめた。


「何で、突然そんな事…」
ダンの反応は過剰だ。
青ざめていたかと思いきや、今度は頬を紅潮させて、ほとんど涙目で訴えてくる。
カズマはそんなダンを見て、女みたいだなぁと思った。

「…いつもみたいに来なくなるってこと? そんなの、嫌だ」
「……」
ため息が出た。
何が嫌なんだろう。気持ち的に何が変わるということもないのに。

「ダン…俺、分別がないのは嫌なんだ」
宙ぶらりんの状態で、ダンの家に転がり込んでる。
今となっては、自分の家も、ダンの家も…自分の住まいじゃない気がしていた。
しかしダンは引き下がらない。
「分別って何? 俺は出来ることなら、片時も離れていたくない。」


「………」

ウザいのは初めからだが、なんというか、めんどくさいタイプだ、やっぱりすごく。

「何か言ってよ」
腕を握っていたダンの手は離れ、今は柔らかくカズマの手を握っている。
その手は濡れていて、冷たい。
気付けば、蛇口から水が出ているままだった。
…つまりあわてて駆け寄ってきたということ。

「ふっ」
カズマは吹き出して笑った。

ダンの手を片方握ったまま、移動して、水を止める。

カズマはできるだけ優しい声を出そうと思った。

「俺はダンがすきだよ、あなたが思ってるより…」
目を閉じてダンに寄りかかる。肩に耳を付けるようにぴったりもたれて、ほどいた腕を彼の腰に回した。

「だから、ダンのワガママも、いとおしく思える。」
しつこくされるのは嫌いではない。
堪えられず、訴えてしまうくらい自分が想われている。
カズマはそういうのに幸せを感じてしまうほうなのだ。


「カズマ…」
「俺をすき?」

ダンの片手が腰に。もう一方の手が頭に回って、ぐっとカズマを抱き寄せた。

「すき過ぎて苦しい…」
「うん」
「カズマ、もっとすきって言って、俺を安心させてよ」
「ははっ、恥ずかしいな…でもうん、すきだ。心から愛して…」

言い終わらないうちに熱烈なダンの唇が張り付いてくる。
カズマは、自然と笑っていた。

「カズマ、一緒に暮らそう。そしたら問題ないだろ?
二人で部屋を探して、ホームファニシングして…きっと楽しい。そんな幸せを俺にくれよ。」

カズマは頷いた。
ダンの左手を取って薬指の付け根を噛む。

ダンは指を見て「痛い…」と言ってくしゃりと笑った。





***********

あけましておめでとうございます!

去年のぐだぐだを反省しています。
自分のパソコン開く余裕がなくて、メールを下さった方々には不義理をしていて申し訳なく思っています。
善処するが目標です。
本年もよろしくお願いいたします。
別窓 | ダンカズマ妄想文
| 臍の緒 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。