フットマークデイズのダンとカズマでBL妄想をするブログ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
シュヴァルツェ アオゲン2
2009-01-30 Fri 12:25
浮気のカズマの次の日の話。
何かの気分で珍しく汚い話もあるのでご注意ください



_

ピザ屋のテーブルに肘をついて、彼は笑った。

「で…、昨日は彼を抱いてあげたの?」
全てを見透かしたような目に、おれは不快感を覚える。

答えは言わずに、あぁともさぁともつかない声を上げた。

抱いたか?って、当たり前だろう。昨日は久しぶりの拘束プレイだ。
顔を叩いたあと水をたっぷり飲ませ、裸で床の上に座らせる。開脚して曲げた両の足にそれぞれ腕を結び付け下腹をベルトで締め上げる。
我慢しきれず汚いことになるのを、ずっとソファーに座って見た。
そのあとも、えげつないのは延々。

俺はぼんやり昨夜を思い出した。カズマの涙が舌先に残っているような感覚がした。


返事が聞きたかったわけではなかったのか、おれをからかった彼はひよい、とメニューを取って開いてゆく。
色とりどりのピザが表示された。


「…お前、めちゃくちゃやっただろ」
「さあ…?」
「とぼけるなよ。なか、凄かったぞ」

カズマが(浮気して)帰って、キスして一緒に風呂に入ろうとして、お互いに服を脱いだら…ザーメン臭いのなんのでついでに中はめちゃくちゃだった。
っていうかシャワー浴びて帰れよ中処理して帰れよ。でもそれはいつものことなので言わずに折檻してしまうというか、嫉妬で優しくできない。
怖いから暴力なんて狂ってる…

「俺のせいなのかな、それ?」
彼はどこまでも楽しそうに、メニューを見ながらにやついている。

「シュテファン……、やっぱりお前なんかに頼むんじゃなかった」
いつ見ても嫌な笑顔だ…下がった眉尻と細められた目、唇だけが楽しそうに弧を画いている。
俺はさらにいらいらしながらウェイトレスを呼んだ。
サラミのピザ、サラダとビールのセットを頼むと、ウェイトレスは笑顔を振りまいて戻っていった。




_

「俺が彼氏なら彼は浮気しないよ、多分」


オーダーした料理がそろい、ビールで乾杯の暫く後、シュテファンがぽつりといった。

なんだって、と思い、また眉間にシワが寄るのが分かる。

「こわい顔しないで。」
シュテファンはビールを一口飲んで、ピザを頬張る。うまいなあと嬉しそうにぱくぱくピザを平らげてゆく。

「あまり刺激しないでくれ、お前とあいつが寝たなんて、今考えただけでもおかしくなりそうなんだ…」
「ずいぶんと勝手な話のように聞こえるけど…まぁそうだろうねと言っておくよ」

微妙な空気が流れた

シュテファンはもくもくとピザを食べ続けている。

ぱくずるむしゃむしゃ…
ぐびぐび
むしゃむしゃむしゃむしゃ…

こういうときのシュテファンを急かしても仕方ないとわかっているのでおれも黙ってピザにぱくついた。


しばらくして。
シュテファンは彼のためだと呟くと、最後のピザをたいらげてお冷やを飲み干した。

「じゃあ話すよ、昨日のこと…カズマと話したんだ…何で浮気するのか。」

頭の中で、鈍い鐘が鳴ったような感覚がした。



スポンサーサイト
別窓 | ダンカズマ妄想文
ただいまー
2009-01-25 Sun 16:58
20090125165824
20090125165821
どうもこんばんは、さかりです。

旅行は何となく運が悪くて、楽しかったのですが…微妙でした。
だいたい天気とかいう以前に、デジカメ忘却というクラッシュ。。そんなん入場するまえから終了のお知らせですよね。笑

残念は重なって、2日ともランドの中央観賞当たったのに両方雨天中止になりました。
シーのも中止になって見れなかったし。ドリームズゴーオンは全滅。

ジュビレーション初めその他のショー、パレードは全部見れたけどしょぼんですしょぼん。。ほんと、その時間だけ雨降るんです抽選にあたるより凄いと思った、悔しい!

ただそのぶんアトラクションは今まで乗った事ないのにたくさん乗れて楽しかったです。
行ってみたかったレストランも行けたし。

パークについてはお詳しい方が沢山いらっしゃるので詳細はいいや、ただ明日からのお仕事が嫌で逃げ出したい。。

他、イクスピアリの寿司屋が美味しかったです。
あと、シガー&バー行きました。私煙草も吸ったことないとんだチキンなんですが、葉巻はとても美味しく頂けました。会社の近くに葉巻屋売ってるお店があるので、買いに行ってみようかなと思う位。

あーっ、あと妹がさっきアニメ見せてくれました。
nmkw凄かった。絵も最初よりご本家さまに忠実でいいなと。ふんわりしてるのも可愛かったです。また自分のケータイで見てみたいと思います。
しかしみんな早口ね。墺さん出るかどうか知らないけど、あれ…しゃべれるのかな…笑
別窓 | 雑談
うわき(けがない)
2009-01-18 Sun 22:13
注!)カズマがビッチタイプ、下の毛がありませんのでご注意ください






シュヴァルツェ アオゲン
-

「抱かせて?」
と言われたから「はい」と頷いて服を脱いだ。電気は消せよと思ったが、まぁやれればどっちでも良かった。


「あら……」
彼はおれの下肢をじっと見た。眉尻を下げて目を細くする。
困ったように笑うのが癖なのか、引いてしまったのか…。

「こういうの好みじゃないですか、すみません」
嗜好的にこれじゃあ勃たない人もいるよな…。
おれは悪びれずそう言った。
ダメならダメでいいや。でも顔、好みなのにな。


おれには下の方の陰毛が、ない。
おれの彼氏…ダンの趣味で、かれこれ2年近くこの状態。もう最近はあまり生えてもこなくなっている。
たぶん、使ってる薬のせいだ。

彼はその部分を「つー」と撫でて、また同じ顔をした。
…こういう笑い方なんだなと思う。

「確かにそんな趣味はないけど…、君がその顔で下はこんななんて、何故だかとてもセクシーだ。官能が刺激される。」


かわいい、と彼は自分の服を脱いだ。
良かった、とおれは小さく言ってキスをねだった。
キス、気持ちいい。

彼は上手にキスをする合間に、でもいいの?と聞いた。

「君のここは、センスのいい彼氏の敷いた浮気予防なんじゃないの?」
おもしろそうに笑いながら。彼氏の事大好きに見えるんだけどねと続けた。

おれは首を僅かに振る、集中したかった。
「今日は、あなた…が楽しん でくれるな、ら いいんです」

…ダンの話はしないで。
あの優しい顔と強いからだとかを思い出したらおれの方が勃たなくなる。
ダンに抱かれたくなる。

おれの言葉に気を良くした彼は、立っているそばに屈んでおれのペニスを眼前にした。
そして、無毛の部分を舐める。

ふあ、と声がもれた。
そこは弱くなった。擦れてかたくなりそうだと思う位、そこを刺激されるのが大好きになってしまった。

「さらにここって感じるんだ? ほんと、エッチだね」
またその笑顔。
…この笑顔、好きになってきた。


「いっぱい声出してくれるかな? 俺はその方が興奮するから。」



彼の上目遣いに頷く、伸びてきた片手を握った。

名前も歳も知らない。
仕事も知らない。病気がなくて顔が好みなら誰とでも寝る。

浮気したら嫉妬したダンが激しくしてくれる、酷い事をする。おれの心は虚しい。

早く、ダンの愛が欲しかった。






-
開けましておめでとうございます(遅!)。
新年初めてのブログなのに下品でしかも何のおめでたさ感もないですが、今年もダンカズにわーわー言いつつ、のんびりやります。
よかったら今年も宜しくお付き合い下さい。

今年最初を何にしよっかと思いながら3作位書き進めて、結局なかなか完成に至らなくて、最初に出来たのがこれでした…。うわーん脳足りん。
別窓 | ダンカズマ妄想文
| 臍の緒 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。