フットマークデイズのダンとカズマでBL妄想をするブログ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
フランクがすきすき
2010-06-13 Sun 18:33
フランクのたくましい腕が俺を抱き上げた。
長いコンパスは部屋を3歩で横切って、たどり着いたベッドにそっと下ろされる。

満面の笑顔。
つられて笑ってしまう。

「デミアの裸なんか見慣れてるはずなのに何でかドキドキするよ」
そう言ったフランクは、ゆっくり俺に体重をあずけた。
腕は両方押さえられ、フランクの右足が足の間を割って入り、俺の右足を挟んで左足が立てられている。

初めてのキスはやけにムーディだ。

声にならない、感じてる音がフランクから漏れるのがかわいい。欲情する。
俺は本領発揮とばかりにフランクの口内を刺激した。ねったりと唇を動かして、音をたてて啄む。
上顎には性感態がある。前後にこすると、フランクは軽く頭をのけぞらせて唸った。反射的に口が開いたので、拘束から逃れた右手で顎を軽く押して、ぎゅ、と舌を吸う。
今度は、「うあ」に近い音が漏れた。


「…デミア!」
フランクの体がぐっと離れ、たしなめるような声で呼ばれる。

「…?」
何が言いたいかは分かったが、分からないフリで黙っておいた。
要するにフランクは気持ち良すぎたんだ。

「その…初めてのキスだ。」
「あぁ、そうだな」
フランクは赤くなって、それでもおずおずと俺の唇に手を伸ばす。
その指を素早く噛んでやった。

「痛っ、……デミア!」
笑ってしまう。一応、声を殺して。


「頼むよ、玄人みたいなのはやめてくれ」
フランクはちょっと泣きそうな顔をしていた。

俺の好きな顔。
憐れむときとか悲しいときとか、同情したときとか、よくこんな顔をする。
そういう…フランクの優しい所を好きになった。

新入りのフランクは、チーム50にとって、いい意味で一種の清涼剤だ。ゲープの目は正しい(ただし、男を見る目に限って!)。


俺は目だけ笑って、唇を尖らせた。
「でも、気持ちよかっただろ?」
自分で言うのもなんだが、俺のキスは巧妙だと思う。

フランクは黙って頷いた。
「デミア…本当に夢みたいなんだ」
「俺もだよ?」
「違う、特別なんだ」



シリアスなブルーの瞳。
「デミアにとっての俺は、大勢の中のひとりかもしれないけど…俺にとっては違うんだ」


「フランク、気持ちはわかる。けど、純潔ぶって何になる? 俺はいろんなヤツとやりまくってるし(病気ではない断じて)、お前だって…結婚する。そういう理想は花嫁に言えよ。」


「……」
フランクは押し黙った。
自分で言っておきながらだが…甘いムードは消え失せて、テンションを上げてきてた俺の息子も嘆息。
やる気は完全に殺がれつつあった。
フランクを部屋から放り出して遊びに行こうか…そんなことまで考える位には。

でも、フランクの体は違ったのだ。
未だ乳首はピンと立ち、肌はほのかに汗ばんでいる。
そして、彼のペニスは大きくなり(きっとかたい)、下着を持ち上げんばかりに主張するのをやめていない。

俺は唇をなめた。
フランクの完璧な躰に、胸がどくりと脈打つ。

「フランク…」
下をむいていたフランクは、ゆっくり顔を上げ、俺の顔を見る。
その瞳にはまだ、欲望の欠片がきらきらと揺らめいていた。

「俺のはすっかり萎えちまった。でも…俺はセックスの快感を知ってる。だからお前を部屋から追い出すなんてできない。分かるだろ? そういうのもだめ?」
フランクはため息をついて、そっと自らの下着を引き下ろした。
「デミア、さすがに俺の名前は間違えないよね?」

違う名前で呼ばれたら凹んじゃう。と笑って、再び俺を組み敷いた。

兄の…今はない、彼の顔がちらく。気付かないフリをした。
どんなによくても、どんなにフランクが俺に溺れようと、二度目はない。

その事が何とも滑稽で、喉と胸の間が震えるような感じがする。

「デミア…」
フランクの幸せそうに潤む瞳が近づいて、俺を現実へ連れ戻した。
スポンサーサイト
別窓 | 妄想文(ダンカズ以外)
いっぷたさいせいだ!
2010-02-09 Tue 18:44
すみません急に2/3で止まってしまって><

止まってた間に京都旅行して、帰って速攻東京に着任しました。


続き、落ち着いたらすぐまたあげますね。誤字脱字チェックする時間なくて。




合間にトルコ的エリート隊員の緩いスタンスを一つ。
交際してる子の名前覚えられないような所が好きです。そんなじゃなきゃあんな仕事できないですよね(笑)

*******

「俺だけイスラム圏だから…一夫多妻制だ。」
「お前抱かれるほうばっかだろ、何が夫だ何が! お前なんかただの尻軽女だ…。」

「ストップ、一つ訂正しろ。とびきり魅力的な…だろ?」
「…まあね、最高の体だよ。麻薬みたいだ。」

…おわり!(笑)


トルコ風呂っていう絵があるじゃないですか。
西洋が憧れるイスラム圏的な。
そういうのをイメージしてみた。
あの絵って、間違った憧れですよね(笑)

あと、日本人がつけた超直訳、みたいな感じで。
別窓 | 妄想文(ダンカズ以外)
オフィーリア
2009-07-20 Mon 00:38
ふー、ふー、



いつもの朝食。

失礼で不快な行動が続いた。

ふーー、 ふー、ふー、
隣でメシを食ってるはずのタケルが、再三俺の顔に息を吹き掛けるのだ。

黙って無視っていたが、しばらく無視られてもめげない。余りにイラッとしたので隣を向いて睨むと、予想していたいたずらっ子顔でないものがそこにあった。


…?

いじけたような、ちょっと、かわいそうな顔をしている。


「何だよ…?」
首を傾げて問いかけたが答えは帰ってこない。

「うぅん、ごめん」
しゅんとして、タケルは黙って食事を再開した。


…??

釈然としないまま、支度をして、出勤する。
靴を履いて、キスをして。
タケルはずっと黙って、俺はずっと考えていた。



「行ってらっしゃい」
「行ってきます」



何だ…? タケルがこういう態度をとる時はいつも何かある。
しかも重要な。
いつも騒いでるような事よりもっと重要だろ、って思うような…。


いやいやしかし、大体失礼なやつだ…!
人を熱いものみたいにふーふーするなんて。
一体あれは何の意味があったんだろう。


タケルは猫舌じゃないから食事中もふーふーしない。
というか、怒るというよりしゅんとしてた。…俺?何か悪いのは俺…?


俺はそんな事を考えながらアパートの階段を下り、エントランスに着く。


新聞が落ちていた。

隣家の郵便受けが数日放置されているらしく、容量オーバーで飛び出してしまったようだった。


風で捲れ上がり、誰かに踏まれたのであろう、ぺしゃんこになっている項には『今日は海の日』とある。

(うみのひ……。)


そこで漸く俺は理解した。
タケルの言動の理由を。


あのバカ…いや、ごめん。

とにかく俺は階段を駆け上がった。
電車を一本遅らせてもいい。とにかく部屋にもどらないと…。

ピンポーン
ドンドン、ドン
「タケルー、」
チャイムだけではもどかしい。ドアを叩いてタケルを呼んだ。


「どしたの珍しい、忘れもの?」
がちゃりと扉が開き、きょとんとしたタケルが出てくる。


「わっ、」

俺はすぐさまその体を壁に押し付け、背後の壁に両手をついて、タケルの唇を奪っていた。

ちゅくちゅくして柔らかい唇。無理矢理しても応じてくれるタケルが嬉しくて、愛しさが込み上げてくる。
タケルの腕が俺の腰に周り、片足の力を緩めるので自分の足を絡ませた。

角度を変えながらたっぷりしたキスが終わるころには、乗るはずだった電車の音が遠く響いていた。


「なに、どうしたのカズマ…びっくりするじゃん。
でもなんか、嬉しいかも…」

頬を赤くしたタケルは俺の胸に腕をついて頭を預ける。

忘れものだよ、タケル。
「…ごめんな」

少し距離をとり、俺はタケルの目を見た。
茶色の瞳はきらきらしていて、やわらかな髪が開け放した玄関からの風に揺れている。

謝った瞬間、タケルは察したようで、途端、頬を膨らまして怒り出した。
「そうだよー! ひどい、ムカつく!カズマのバカ!」
「本当ごめん、だから戻ってきた。」

「思い出してくれなかったらしばらく無視ってやろうって思ってた」
頬を撫でられて目はとろんとしているのに、口だけは不服尖っていて、何だかとてもかわいい。
つい、苦笑してしまう。

「悪かったって…」


「おめでとうって、ちゃんと聞きたい。」
「うん。誕生日おめでとうタケル…愛してる。」

「ありがと、オレも…カズマが大好き。愛してるよ。」
タケルの体が再び近づいて、すっぽり俺の腕に収まる。
ハグしてキスして、笑顔で見詰め合うと、ちょうど壁掛け時計が午前8時を知らせた。
そろそろ行かないと、ギリギリの電車に乗り遅れる。
タケルの嬉しそうな瞳はちゃんと受け止めたし、言うべき事も伝えられた。
つまり忘れものはもうないということ。


「とりあえず…そろそろ行くな、今日は早く帰れるようにするから、食事に行かないか。ケーキも頼んどく
……ローソク、吹き消したいんだろ?」


「うん…!」
タケルは満面の笑みで頷いた。



笑顔に送られて、今度こそ俺は出勤する。

今日も暑くなりそうだ。

アパートの通路から空を見ると、入道雲がもこもこ浮かんでいた。




_
タケル誕、おめでとございます!
別窓 | 妄想文(ダンカズ以外)
無題、タケカズ
2008-12-20 Sat 13:54
ピ…カシャ、カシャ
カシャ
「あ…っ、今のいい」

カシャ
「……」

…カシャ
「…うん、」


買ったばかりのカメラを抱えて、何を言い出すかと思えば、「裸になれ」という事だった。
部屋のリビングで生活する、何気ない裸体を撮るのだそうだ。


彼はフォトグラファー、主に動物を撮る。



「俺が写真で食ってるってのは忘れて。今はただの変態、俺の恋人変態ーって思って。あ…そういう表情されたら燃える。」

「…しってる」
「なぁ、やっぱりカズマってきれいだよな」
「…よく、分からん…」

きれい、よく分からない…は、頻繁にかわされるやり取りだった。
どうせ言われるなら「すきだ」と言われる方がうれしいなとカズマは常々思うのだが…、それを口にしたことはなかった。


乾いた洗濯物を畳む、アイロンをかける。
その間も切られるシャッターの音が増えるたび、カズマは自分が一つ一つ暴かれていくような気がした。
固い葉とまとまりつく糸を剥かれるトウモロコシみたいに。


望遠レンズを外したカメラ。これを仕事で使う時もくるのだろうか。
どちらかといえばタケルはそういうのに頓着せず、カズマは逆に神経質な所があった。

ゴミをまとめて、洗濯して。朝ご飯はその前に作って二人で食べた。

「なぁ…新聞読みたいんだけど」
「眼鏡?かけて」


服を着ていない以外はいつも通り。慣れればあまり気にならなくなった。

カズマは眼鏡をかけて、新聞に目を通す。
途中、コーヒーメーカーでコーヒーをいれた。タケルにも出してやる。

一頻りシャッターを切りまくったタケルは、74枚を撮って満足したようだった。

「俺に降り注ぐ日常。」
フィルムを巻き取る音が止んだあとで、静かにタケルは言った。

「どうだった?」
「どうって…服着てないだけだ、別に」
そう言うと、タケルは難しい顔をして…そしてにっこり笑う。
「うん、そういうのを撮りたかったんだ。」

けど、と前置いて写真家は続けた。
「カズマがあんまりにも普通にできるもんだから……なぁ、ムキになってもいい?」
「?」カズマは訳が分からないながらも頷いた。

「撮りたかった通りに撮れたけど、どうしても期待してた展開があったんだ。」
「ふうん?」

カズマは眼鏡を外して、頬杖をつく。
…コーヒーはすっかり冷えて、味も変わっていた。



「賭けをしよう。俺がこれからさっきの撮影の感想を言う、それをきいてもカズマがこのままでいられるなら、カズマの勝ち。服を着て。俺が期待した反応をくれたら…カズマの負け。服は着させない。ただし…、その時は俺も服を脱ぐよ」

タケルはにやにやした。

最初からすでにそこまで言うのは狡い気がするけど…
「わかった、お前の感想には俺も興味がある」

カズマも呆れたように笑って頷いていた。


「現像した写真を二人で見よう。カズマの反応が楽しみだ。」

「覗き込んだ枠にカズマを納めると、息が止まりそうだった。カズマを捕えた画面が止まる瞬間、何度も恋に落ちる感覚を味わった。74回だぞ。」

タケルの感想が続いた。


「ごめん…本当は何の感想もない。好きだ、カズマが好きだ。」
「なぁ、カズマ 好き、好きだよ。」

「タケル…」
意外、だった。

「カズマは俺が好きって言ったら、いちいち反応するよね。」


先程から、タケルはカズマの体じゅうを嘗めるように見て、潤んだ目で好きと言うのだ。
その事が、カズマには堪らない。

少し身を捩った。
頭をかすかに揺らして、「続きは?」と呟くように言う。辛うじてできた強がりだ。

体に少し赤がさした。


「強情だな。続きなんてエンドレスだって」



タケルは、興奮していた。

やっぱり、カズマは好きって言われるのに弱いんだ。
今まで推測の域を出なかったけれど…、でもどうもそうみたいだ。

「好きだよ、すごく大好きだ、カズマ…本当に」

タケルが低くかすれそうな声を出すと、カズマは立ち上がって後ろを向いた。体を隠すように、その場を辞そうとする。


「カズマ、待っ…」
後ろから抱き締めた体は震えてて、
「…早く服を 脱げよ」
覗き込んだ体は撮影できないような、変化を遂げていた。

「俺、負けだ」
カズマは笑って、もっとと俺の好きをねだった。




初めての、事だった。








***
仕事してたらいきなりタケカズにムラリとしたので書いてみましたが…終わり方なんて分からなくなりました。

でもトウモロコシってwwイエスバカですねwww

時間みつけてはダンカズも書いてるんですが…書いても書いても終わらなくて、いつまでも書いてしまうんじゃないかと心配になります。笑
別窓 | 妄想文(ダンカズ以外)
退職したら(ダンカズ)
2008-09-18 Thu 22:49
エデンは55歳退職位でいいですかね?
そんなはなし↓


「なぁ、退職したら、俺お前にぴったりひっ付いて暮らすよ」
「はぁ?」

「する事もなくて、とくに趣味もいいや…お前にびったりな情けないジジィになりたい」
「なに…わかんねぇよ、」

「こういうの何っていうか知ってる?」

「いいや」
「濡れ葉族。」

「ぬれは?」


「濡れた葉っぱって、何かに張り付くとぴったちりついて何か離れないだろ? そんなふうに退職して妻にべったりなウザくて不憫なおっさんのことを言うんだと」


「…残念だなそりゃ」
「うん、なるからな!」

「や、断言されても」
「嫌って言うならいまだぞ」


「うーん…、じゃあ俺お前と一緒に退職しよっかな」

「それはいやだ」


「何で!」
「はは…、何でかな





でも…なんかさ、俺お前とこうしてるのって幸せ」


「そうだな」



「また唇カサカサ」
「…乾いたものに湿ったものって、よく引っ付くから」


「なにそれ誘ってんの」
「…そうでもいいかな」






_


なんだこりゃ!
最近また熱があがってきてのこのこあがってきました。
やっぱダンカズすきだなぁっていう、そんだけ!
別窓 | 妄想文(ダンカズ以外)
| 臍の緒 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。